コラーゲンが骨と骨の間の

軟骨の成分であることから、加齢によって体内のコラーゲン合成が減って、軟骨がすり減ってくると階段を上ったり、下りたり、歩いたりといった動作をする時に痛みが出てきたり、動作がスムーズに行えなくなります。
コラーゲンと共にグルコサミンも軟骨の成分の一部です。
グルコサミンも本来は体の中で合成されるものですが、こちらも加齢と共に合成される量が減っていきます。
コラーゲンサプリのおすすめランキングはコチラ↓
http://www.kurisumama.jp/merit/




ヒアルロン酸は多糖の一種で、全ての体内結合組織に存在し肌の潤いや張りをもたらします。
また関節液の中にも多く含まれて、膝や肘など関節のクッションとしての役割を果たします。
コンドロイチンも多糖の一種です。
体内でたんぱく質と結合した形で存在し、コラーゲンと共に体の軟骨・骨・皮膚・血管壁・角膜・水晶体などの結合組織を構成しています。
この中で、グルコサミンは軟骨成分に含まれるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸の原料になると言われています。
また、グルコサミンは新しい軟骨の生成を促進する作用、コンドロイチンは軟骨分解酵素の働きをコントロールする作用を持ち、グルコサミンとコンドロイチンが協力して軟骨基質を正常化していきます。
普段の食事内容に気を付けながら足りないと感じたら、サプリメントで補う事も必要になってきます。